テーマにあったグッズを揃えよう

式場が決まれば、衣装はもちろんのこと、具体的にペーパーアイテムやウェルカムスペースのグッズなどを揃えていきましょう。


実はこのグッズを揃えるのが非常に大変。

なぜなら、お金と時間は限りがあるからです。(もはや極論ですね…)


招待状一つにしても、返信ハガキ、芳名帳代わりのゲストカード、アクセスの案内、余興依頼のしおりなど、アイテム数はかなり大量です。

セットで購入できるデザインもあれば、式場から支給されるものもあり、さらにはDIYしなければ手に入らないものなど、揃えればきりがありません。


また、当日必要な受付サイン、テーブルナンバー、席次表、サンキュータグなど、ペーパーアイテムだけでもかなりの数になります。

ウェルカムスペースも、好み通りに仕上げようとなると、いくらアイテムがあっても足りませんよね。


この準備が、ドレスの試着や前撮り、式場との打ち合わせと同時並行です(白目)。新郎新婦が遠距離だったり、仕事が忙しかったり、休日が合わなかったり・・・2人で決めようにも決められないといったことは、とにかくたくさん出てくるのが現状です。


そこで大切なのは、「優先順位をつけること」と「まとめること」


優先順位でいうと、「必ず必要なもの」から手をつけるのがポイント。

例えば、招待状(返信ハガキ)、席次表、ウェルカムボードは、必ず求められます。一方、テーブルナンバーや受付サインは式場で準備してもらえることも。

とはいえ、気に入ったものではないこともありますよね。でも、すべて手をつけたいところを抑えて、まずは必要なものから優先して取り掛かりましょう。

そして、DIYにおいてはすべて自分で作らなくてはいけないということはありません。Gentle Wordsのようにデザイン販売をしているshopや、Minneのように印刷物を販売しているshopなどで手軽に購入することも可能です。

限られた準備期間のうちに理想を追求するためには、得意なことは得意な人に任せてしまうのも大切です。


「まとめる」においては、例えばプロフィールブックの中に、席次表、料理メニュー、ドリンクメニューをまとめることができます。1つにまとめることでコストダウンに繋がりますし、ゲストにとっても、持って帰る際にバラバラとせず楽というメリットも。


そして、「優先順位をつけること」「まとめること」どちらも、ウェディングテーマを基準に持って決めることがここでも大切になってきます。


Gentle Wordsでは、季節感のあるデザインや統一性のあるシリーズを提供しています。商品ごとの商品ごとの説明文にも、オススメのテーマやシーンなどを記載しておりますので、ぜひ参考にしてください。

オーダーで作成することも可能ですので、「こんなテーマで作れませんか?」といった問い合わせも大歓迎! そんな時、ぜひPintarestを見せてくださいね。式のテーマにあったデザインを提案させていただきます。


少し気持ちが早いですが、クリスマスをテーマにしたボードをシェアいたします。おきまりの赤・緑・ゴールドをアンティーク調な色使いにすると、クリスマスパーティーとは違いぐっと大人っぽいイメージに仕上がりますよ。

真っ白なウェディングドレスも際立ちおすすめなので、12月挙式の方はぜひチェックして見てください♡



0コメント

  • 1000 / 1000

Gentle Words

”愛するあなたに、 デザインで伝えたい” 写真入りの”フォト婚姻届”を中心とする ウェディングアイテムをデータ販売。 「ありがとう」 「おめでとう」 「これからもよろしくね」 伝えたい人を思い浮かべて、 デザインで気持ちを贈りませんか。